ゴシラン

走ることについて語ります

雪が積もった日はローラー台日和

昨晩から今朝にかけて、釧路にしては雪がもっさもっさと降りました。

もっさもっさとは言っても、せいぜい10㎝ぐらいなんだがな。

 

 

夏の間は霧ばっかりで気温も低く、「こんなとこに住みたくねぇー」と思うこともあるのだが、道内の豪雪地帯出身の私としては、雪の少ない太平洋側の冬はパラダイスですね。

ホント、2~3年も住むと、札幌も含む「日本海側にはもう戻りたくねぇ」と思ってしまいます。

ウインタースポーツやらない私にとっては、雪が少ないことは正義。

 

とは言え、ロードバイク趣味にとっては、いくら少なかろうと雪は大敵。

12月~3月の積雪期は「完全冬眠」を強いられてしまいます。

まあ、中にはスパイクタイヤ履かせて「冬チャリ」を楽しむ方もいらっしゃるが、私にはそこまでの情熱はない。

 

雪国自転車乗りにとって、室内でサイクリングを楽しめる「ローラー台」は必須装備ですな。

 

 

私が使っているのは「ハイブリッドローラー」と言われている中での安いものです。

 

 

今、ロードバイクの室内トレーナーとしては「Zwift対応」のお高いものがもてはやされているようだが、動画とかなくても精神的に飽きない私にとっては、ローラー台のお供などポケットAMラジオで十分だ。

ちなみに「Zwift」とは、モニタ上のバーチャル空間でサイクリングを楽しむことができるというソフトです(月額1650円)。

 

 

私のような賃貸住まいの人間にとっては、「ローラー台からの騒音」という問題があり、アパートやマンションの集合住宅でローラー台を使うのは厳しいものがあるのだが、なんと今住んでいるアパートは、離れに「バイクガレージ」なる車庫が完備しているのよな。

ブログやSNSを見る限り、大家さんの人柄も非常によさそうだったので、えいやっと電光石火の早業で今のところに引っ越したのでありました。

バイクガレージを冬の間は「ローラー部屋」として、トレーニングルーム代わりに使っている私です。

 

今日のように雪が積もってランニングには危なく、外気温が低い日は、絶好の「ローラー日和」ですな。

暖房など全くないバイクガレージでは、最初のうちはめちゃくちゃ寒く感じるが、20分もペダルを漕いでいると全身がポカポカになり、自室の暖房費が節約できるのである。

1時間ぐらい漕ぐときは、外が氷点下でも、半袖Tシャツじゃないとやってられんぐらいの汗になりますよ。

 

ここ数年、「ロードバイクよりランニング」という日々を送っていて、あまり「ローラー部屋」を活用できていなかった私であるが、今シーズンは有効に活用できていますな。

今年はサロマのウルトラマラソンは参加しないが、去年のように美幌での「100㎞デュアスロン」は参加して、ロードバイクを有効活用させてやろうと思っています。

 

gossy54200.net

 

体調や路面状況により、思うように走れない日々が続きますが、ローラー台を活用して、高橋尚子さんのごとく「何も咲かない冬の日は下へ下へと根を伸ばす」ような時間を過ごしていきたいと思います。

 

さようなら。

「ひとりトライアスロン」の連休最終日

2月最初の3連休も、今日でおしまいですね。

とは言え、待機番の私は、どこも行くことなく、普段通りのことを淡々とこなすのみです。

 

まずは9時ごろに、運動公園でランニング。

 

 

気温は走り始めこそマイナス7度と低かったですが、氷の塊が1㎜もないパーフェクトな路面が素晴らしかったですね。

雪国ランナーにとって、「2月でも夏のように走れる環境」は、非常にありがたいです。

今日のシューズは、夏用のペガサス38。

 

当初はキロ6ペースで16㎞ダラダラ走ろうと思っていましたが、路面は完全優勝状態で、気温も上がってきて、自然とスピードが上がっていきましたね。

ラスト3㎞は「行ったれー!」と、自転車落車事故以来初の「キロ4分台ペース」で走ることができました。

 

 

このペースなら、昨日ブログに書いた「65BASE練習会」のペース(キロ5分半→キロ5分)にもついていくことができそうですな。

 

moshicom.com

 

まずは「フルマラソンサブ3.5」、そして来年2月の「別大完走」に向けて、ゆっくりと復活していきたいと思います。

 

昼寝している途中で、職場から呼び出され、仕事をこなした後にローラー台。

 

 

昨日、おとといと80分回していたので、今日は40分と控えめに。

私はZwiftや動画がなくても、ポケットAMラジオをお供にローラーを回してもメンタル的に平気な、経済的にやさしい男である。

 

仕上げは風呂代わりにプール。

 

 

超ゆっくりとクロール1㎞。

相変わらず、ブレスのタイミングがよろしくなく、ブレス時に脚が沈み抵抗になっているが、今はラクに一定のリズムで、苦しくない呼吸で泳ぐことを優先していこう。

欠点を克服しようと思うと嫌になるんで、まずは銭湯代わりに気楽にプール通いをすることからですな。

ランでも、最初は「キロ8」ぐらいでスタートして、20年ぐらいかけてフルマラソン3時間一桁で走れるようになったんだから、スイムも続けていればそのうち進歩してくるだろう。

知らんけど。

 

話はコロッと変わって、今日の20時に「サロマ湖100㎞ウルトラマラソン」のエントリーが始まりましたね。

 

saromanblue.jp

 

2月に入ってから、ランの調子も上がってきたので、「勢いでエントリー!」などと考えなかったわけではないですが、まずは「脳出血からの完全回復」を優先させ、今年は100㎞レースは封印する方向で行きます。

あくまで私の目標は「70まで100㎞をしぶとく走る」ということ。

サロマ100㎞10回完走の「サロマンブルー」までは、まだまだ時間はあります。

焦らずに、身体の回復を最優先にやっていきましょう。

 

今年サロマに参加される方のご健闘をお祈りします!

当日はロードバイクであちこち走りながら、応援に専念しようかしら。

 

さようなら。

4ヶ月ぶりに又飯時(またいとき)

早いもので、楽しかった「壱岐ウルトラマラソン」が終わってから4ヶ月が過ぎようとしています。

壱岐に行くまでは、アップダウンの激しい坂を攻略しようと、毎週のように走っていた又飯時コースであるが、大会が終わると、脳出血の影響もありピタリと行かなくなりましたな。

 

今日のクラブ練は久々に又飯時ということで、海を眺めながら激坂コースを走ります。

 

 

若干北風が強かったが、気温はマイナス2度→0度と寒くなく、路面はほぼアスファルトが出ている状態で、春の訪れを感じながら走っていましたね。

経験上、このまま一直線に春が来ることはないということはわかっているのだが、2月の春っぽい日は気分がルンルン(死語)してくるものなのです。

 

 

「あー、坂しんどいなぁ」とか、頭の中でぶつぶつ文句を言いながらも、この激坂コースをキロ6分以内で走れるレベルには回復してきたんだなあという、嬉しい気持ちもあります。

一歩一歩、復活への道をかみしめよう。

 

 

4ヶ月ぶりの又飯時看板。

これを見ると、「ああ、遠くまで来たんだなあ」という気分にさせられる。

ここまで約7.5㎞。

 

帰路もそこそこアップダウンのある道のりを戻り、距離15㎞、獲得標高約300mのランニングでありました。

まだ安定性に欠け、急な下りではスピードがコントロールできなかったり、心拍数が高めに経緯したりで、本調子までは行きませんが、キロ5分台が苦しいと思えなくなったところに進歩が見られますね。

本日もクラブの皆様、ありがとうございました。

 

尚、本日は「海の上を走るマラソン大会」である「別海アイスマラソン」が開催されました。

去年はずぶずぶ雪の中のコンディションでしたが、今年は走りやすい雪面だったようですね。

去年の優勝者であるクラブの中氏も、サブフォーのタイムで2位入賞と、おめでたい結果に終わったのでありました。

パチパチパチ。

(ちなみに去年は優勝タイムでも約5時間半と、ベリーハードな大会であった)

 

徐々にスピードも戻ってきましたので、月末は地元で法事に行くついでに、これに参加してみようかなと。

 

moshicom.com

 

12kmのビルドアップ走で、「キロ5分半→キロ5分」のグループに入って、まずは「サブ3.5」のペース感覚をつかんでいきたいなと思っています。

このブログを読まれている方で、練習会に参加する皆様、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

明日はいよいよ「サロマ100㎞の申し込み日」ですな。

最近調子がよいからと言って、うっかり申し込んでしまわないように、明日の20時以降はオフライン生活を送っていこうと思います。

 

さようなら。

2024 2/4~2/10 ランニング週記

2月に入ってからは、雪は降らずに、ほぼピーカンで、朝はマイナス二桁という釧路らしい日々が続いております。

 

 

来週は2月にあるまじく、プラス10度ぐらいまで気温が上がる予報の日もあり、雪どけがガッツリ進みそうですな。

とは言え、例年3月頭ごろにドカンと雪が降ることが多いので、まだまだ気は抜けませんがな。

 

 

今週は路面状況がよかったこともあり、ラン成分を多めに、その分、室内ローラー台成分は少なめにといった感じです。

徐々に味覚以外の体調は戻ってきて、疲労度は少なくなってきましたが、油断は禁物ですね。

自分の身体の声を聴きながら、慎重に走行距離を増やしていきたいと思います。

 

 

先週、本屋で立ち読みした本で、コンセプトはいいなあと思ったもの。

 

 

スイム練で思ったことだが、ランでも筋トレでパーツの筋肉を大きくするよりは、「脱力で力みをコントロール」して、「正しい動き方」を覚えた方が、我々中高年にとってはいいのかなあと。

適切な例えかどうかはわからないが、ハンマーをうまく扱えないときは、ハンマーを重く大きくするよりも、ハンマーの正しい使い方を覚えた方が近道だと思うのよね。

本に出ている具体的な体操の内容がややこしく、これは日々のルーティンに入れるにはキツいかなあと、現段階で見送りしている私であるが。

 

今年の自由に動ける休日が決まりました。

 

ランでは8月の「北海道マラソン」をファンランで走り、勝負レースは9月の「オホーツク網走マラソン」にして、10月の「フードバレーとかちマラソン」でハーフPBを目指そうかなあと。

(7月の地元「湿原マラソン」は「ハスカップトライアスロン」と日程がかぶるので、今のところ白紙。10月の「別海町パイロットマラソン」は待機番に当たって出られず)

 

まあ、半年後どころか、1ヶ月後にはやりたいと思うことがコロコロ変わる私なので、多分この通りにはならないと思いますがね。

それでも、指針がないよりもあった方が、練習の計画は立てやすいので、とりあえずこの線で今シーズンはやっていこうかなと思います。

 

さようなら。

姜葱醤と味覚障害

姜葱醤。

読み方は「ジャンツォンジャン」である。

業務スーパーで売っている超人気の「万能調味料」である。

 

www.gyomusuper.jp

 

私は生姜の味付けはあまり好きではなく、ジンジャーエールも好きではない飲み物だったのであるが、姜葱醤のうまさは脳天がかち割られるレベルである。

「おー、うめーうめー」と、サラダ、野菜炒め、肉、魚、何にでもかけて食べていました。

 

んで、私が本格的に「姜葱醤ジャンキー」となったのは、味覚障害になってからである。

味覚障害を発症してからは、どんな調味料も「不味い」「味がしない」としか思えなかったのだが、唯一「うまいっ!!!」と感じたのが姜葱醤なのであった。

 

 

とは言え、一人暮らしで大瓶650gを2週間で1本ペースで使うのは、さすがに使い過ぎですな。

正直、ちょっと反省している。

しかし、コイツがなかったら、本格的に食べることが嫌いになって、拒食症になっていたかもしれなかったので、姜葱醤には本当に感謝している。

 

姜葱醤は油がめっちゃ多いんで、健康のために油のないチューブ生姜で十分かなと思ったときもあったのだが、やっぱチューブ生姜だと物足りず、姜葱醤をドバドバかけてモノを食うのであった。

 

 

特にうまいのは餃子ですね。

餃子に醤油、リンゴ酢、姜葱醤をかけたものが、今は焼き肉よりもおいしいと感じます。

経済的でよい。

 

北極探検家の荻田泰永さんは、自著の中で

 

「探検中は毎日同じものを食べる。美味しく感じるようになるのは、体の消耗のためなのか、それとも味覚の問題なのか判断しやすくするためであった」

 

と書かれているが、私が味覚障害の中で姜葱醤を食べ続けるのは、味覚障害の回復具合の確認という意味もあるかもしれない。

毎日同じものを食っていても、「微妙に味が異なる」というところに、味覚障害の面白みがあるとでも思わんとやってられんな。

 

 

さて、話はころっと変わって、いよいよ2日後に迫った「別海アイスマラソン」。

明日は講演会で荻田さんが、別海に来られます。

選手だけではなく一般町民の方も参加可能ということですので、お話を聞きに来られてはいかかがでしょうか。

…と、こんなブログで宣伝したところで、誰も来ないとは思いますがな。

 

ちなみに私は去年、荻田さんのお話を聞いて、「おお、この方は面白い!」と、思わずKindle版で著書を2冊ポチりしてしまいました。

 

 

私は北極探検のような、命を懸けた冒険には尻込みするタイプのビビりですが、人としての生き方という意味では興味深く、世界を広げるためには一度読んでみて、「極地を疑似体験」するのもいいのではないかと思います。

 

機会があれば、荻田さんが経営する「冒険研究所書店」にも足を運んでみたいですね。

 

www.bokenbooks.com

 

昨日のブログに書いた高野秀行さんもそうですが、こういう自分には真似できない「破天荒」と思われる生き方をする人に憧れる私です。

 

なんか自分で書いていて、姜葱醤の話なのか、荻田さんの話なのかよくわからなくなってしまいましたが、今日はまあこんなところです。

 

さようなら。

銭湯の代わりにプールへ行こう!

ランニングやロードバイクに乗った後に入る風呂って、通常時の3倍増しで気持ちいいですよね。

特にサウナと水風呂でとろとろにとろけてからの、プラスチック椅子での休憩は「生きててよかった」と思える至福のひとときである。

 

ただ、脳出血で倒れてからの私は、どうも室温や湿度の高い浴室がダメでのう。

 

gossy54200.net

 

そんなときに救世主として現れたのが「温水プール」という存在である。

頭がボーっとするぐらい気温が高くなることもなく、銭湯なんかよりもずっと広い。

しかも銭湯と違って、水の中で歩き回っても泳いでもOKという夢のような存在である。

1時間も塩素水に浸かっていると、身体の芯から消毒されて、爪の先までピカピカになるんじゃないかと思うぐらいである。

更に、ボディソープやシャンプーが使えるシャワールームまで備えているのだから、もうこれは銭湯以上の存在と言ってよいのではないだろうか。

 

 

更に特筆すべきは、使用料の安さである。

銭湯の入浴料がどんどん値上げされて、今や一回490円もの料金を取られるのであるが、釧路の市民プールは「1ヶ月使い放題で3750円」である。

一回当たりの使用料が500円だから、8回行けば元が取れる計算だ。

これは素晴らしい。

 

ということで、1ヶ月で10回もプールに行けば十分かなと思っていたのだが、貧乏性の私は、この1ヶ月で17回もプールに行ってしまった。

17回の利用ということは、一回当たり約220円で使えているという計算だ。

おお、銭湯の半額以下ではないか!

これは素晴らしい。

 

ちなみに「風呂代わりにプールを使う」という作戦は、この本をヒントに得た。

 

 

プール以外のところでも、ゲラゲラ笑えるエピソードがてんこ盛りなので、是非一度読んでみてほしい。

漫画「めぞん一刻」が好きだった人は、間違いなくハマる一冊である。

 

 

んなわけで、現在の私は、週3回プールに通って、1㎞クロールで泳ぎ、サウナ代わりに採暖室で暖まり、シャワーを浴びて帰るということが、すっかり習慣となってしまった。

ただ、プールってランニングに比べると「ダイエット効果」は薄いような。

キックが少なくて、あまり疲れない「2ビートクロール」で泳いでいるってのもあるかもしれないが、プール前後で1gも体重が変化していないと、「せっかく運動したのに」と、なんだかもったいない気分になってしまう。

まあ、体重に関しては、息継ぎに失敗して水を飲み過ぎているという話もあるかもしれんが。

 

スイムの面白いところは「力まかせでは進まない」というところですな。

同じレーンで泳いでいる人に抜かされまいと、めっちゃ速く手足を動かしているときに限って、無駄に力が入り、さっぱり進まない。

水泳というスポーツは、「力を抜いて」身体が浮いているときに、ボートのようにスーッと進むのである。

 

「速く泳ごう」と雑念が入ると、余分な力が入り、かえって進まない。

しかし、頭を空っぽにして、リラックスしながら手足を伸ばすように、ゆったり大きく動かすと、スイーっと力を入れなくても進んでいく。

こういう「禅」に近いところも、水泳のよいところかなあと思ったりします。

 

水泳に限らず、何事も「力任せ」ではなく、無心で力を抜いてやるべきことをやるのが、一見遠回りに見えて、実は正解なのかもしれませんな。

 

大事なのは「全体的に力を入れること」よりも「入れるべきところだけ力を入れ、それ以外は力を抜くことです」

ひょっとしたら、マラソンが速くなるカギも、そこにあるのかもしれません。

プール通いをするようになってから、ランの腕振りがラクになったような。

 

ということで、ランナーの皆様にとっても「風呂代わりのプールはおススメ」というお話でした。

 

さようなら。

いつかは別大

昨日の昼は、別府大分毎日マラソンをテレビで見ながら、思いっきり寝落ちしておりました。

 

www.betsudai.com

 

大分は釧路からだと行くのがめんどくさいし、午後スタートで月曜休みを取ることが必須になるので、あんまり「憧れの大会」というわけではなかったのだが、不思議なものでテレビ中継を見ると参加したくなりますな。

りるさん(りる (id:riruriruhkg))の「本気をかけたレース」の結果報告を見てしまうと、私も再び1分1秒を争うようなしびれる走りがしてみたいと思ってしまいます。

数字自体には何も意味がないというのは、頭ではわかっているのだが、これはもう本能としか言いようがありませんな。

 

別大は、参加資格が「サブ3.5以内」、制限時間も「40㎞地点3時間20分」と、市民ランナーが参加する大会では、かなりハードな部類に入ります。

キロ5分で走っているにも関わらず、終末車の恐怖におびえなければならないという世界が想像できません。

 

幸か不幸か、現段階で参加資格は持っている私。

まあ、実際出られるかどうかは、私のカテゴリーだと抽選次第なんだけど、挑戦心がくすぐられる大会のひとつには間違いないですな。

 

大分は、約30年前に長期出張で行ったことがあります。

あんときは、北九州と大分をJRで往復する日々が続き、夜の電車で別府駅を過ぎてから見えるラブホテルのネオンを見ると、「ああ、大分に来たんだなあ」と思うのでありました。

あのホテル、今もあるのかなあ。

 

12~1月にかけての出張だったのだが、大分駅前のソテツの木を見て、「ああ、南国に来たんだなあ」と感慨にふけった記憶があります。

北海道のこの時期は、木々は丸裸で、雪が積もっているのが当たり前だからな。

 

当時はマラソンに全く興味がなく、ホテルの同室の人がランニングシューズ持参で、嬉々として朝の大分のマチへと走っていくのを見て「変態だ」と思ったものだが、今思えば、あんとき別大のコースをちょろっとでも走っておけばよかったな。

人間、いつどこでどう変わるのか、わからないものである。

 

「いつかは別大」というタイトルにはしましたが、「いつか」なんて言っているうちは、いつまで経ってもやりませんね。

申し込みだけならタダなので、今年ドーンと申し込んでみようかしらん。

人生は短い。

走力のあるうちに、やりたいことはやっておこう。

 

しかし、今は別大の前に「サブ3.5」の走力を取り戻すことが最優先ですな。

ちょっと坂が多くて、記録狙いにキツいですが、9月の「オホーツク網走マラソン」で「サブ3.5返り咲き」なんてことを目論んでいる私です。

 

www.abashiri-marathon.jp

 

まあ、現実的には記録狙いだったら、水戸とかつくばとか、道外に出てもっとタイムの出しやすい大会を狙った方がいいのだけどな。

ただ、こわだ君の動画を見ると楽しそうだったので、まだ出たことのない網走もいいなあと。

 


www.youtube.com

 

落車事故の回復状態は、まだ6割ぐらいですが、夢だけは大きい私でした。

 

さようなら。